×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第114回(6月8日)

 さる休日に、某所にて舞台観賞に行ってきました。
 主催者に舞台を見に行く趣味は特になく、今回もたまたまギルメンの一人が
劇団に所属していて、今度公演があるとの事だったのでオフ会を兼ねて観にいく事に。

 ジャンルは笑劇というお笑い系のようで、行く前は期待半分(未知への)不安半分という心境でした。

 着いてみてまず思ったのが、舞台と観客席が近いっ!
役者さんと普通に目が合っちゃうんじゃない?と思う近さでした。
まあ、劇場の広さに関しては大手団体でもなければあれくらいのものなのでしょうね。
こじんまりとした印象は否めませんでしたが、客席は満員でした。

 内容については完成度の高い公演だったと思います。
 お笑い系といっても、漫才やコントと違って一発芸で笑わせるというより
流れの中で笑いを誘うという感じでした。
単純そうな流れの中にも、スゴイ計算されたタイミングと
毎日の稽古で培われた演技力が光っているからこそ出来る事なんだろうと。

 この体験を選手紹介の名乗りに生かしていき…、いけたら…いい…な…。


 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

             (奇数チーム)              (偶数チーム)

    1試合目  姫宮 翠(主催者)   △ ― △     <浅葱>
    2試合目    パンダっぽい      ― ×     PCF社長



 よって、今回は1勝1引き分けで「奇数チーム」の勝利となりました。


○試合解説

 更新はまた後日…。