×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第116回(6月22日)

 ついに観て来ました。
 「エヴァンゲリオン新劇場版・破」

 これから観られる方もおられるかも知れませんので、
ネタバレは無しで感想を少しだけ。

 まず、感想としては非常によい作品だったかと思います。
アニメ版からのファンはもとより、初見の人にとっても完成されたエンターテイメントとして
十分視聴に耐えうる出来映えだと思います。
逆にアニメ版を知っている人には「マジで!?」というサプライズもありました。
 特にアスカは…。
次回予告がなければ、アスカファンの暴動が起きていても不思議ではなかったです。

反面、レイがかなり優遇されているような気も。
ちゃんとヒロインやってました。

 アニメファンなら一度は見ておいて損は無い作品です。
1700円(くらいかな?)を出す価値は十分にあります。
7月3日の金曜ロードショウで「序」を見たあとにレイトショーを観にいってしまうかも知れません。
同じ映画を2回も観るとか、もののけ姫以来かもなー。・


 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

             (奇数チーム)              (偶数チーム)

    1試合目      イズミ        × ―     PCF社長
    2試合目    パンダっぽい      ― ×     <浅葱>
    3試合目  姫宮 翠(主催者)   △ ― △    +なない+
    代表者戦     イズミ        × ―      <浅葱>



 よって、今回は1勝1敗1引き分けで代表者戦の結果により「偶数チーム」の勝利となりました。


○試合解説

 更新はまた後日…。