×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第122回(8月3日)

 この夏は予想外に良作だったアニメに2本出会いました。

 一つは「大正野球娘」。
そのタイトル通りに、大正時代を舞台に女子学生が野球を始める話です。
最初は「キャラデザが好みかな」くらいの気持ちで見始めたのですが、
まさかここまで良作とは。
作画も安定していますし、ストーリーも王道的な直球路線でいい感じです。
今後の展開に期待しています。

 そしてもう一つは映画「サマーウォーズ」
これは本当にやられました。
見る前は全然期待していなかったというか、「家族の温もりや繋がりが云々で
ジブリアニメ的な何かをかもし出して感動を誘うパターンかな?」とか思っていました。
 すいません、僕が間違っていましたorz
流石は「時かけ」を手がけたスタッフというべきなのか。
個人的には「時かけ」よりも良かったと思います。
内容を明かさずに良い所を説明するのは難しいですが、一言でいうと

  久しぶりに映画館で泣いた

1800円位を払って観る価値は十分にあります。
皆さんも機会があれば是非観てみて下さい。



 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

             (奇数チーム)              (偶数チーム)

    1試合目     PCF社長      ― ×      イズミ
    2試合目      <浅葱>       ― ×      タヌキ
    3試合目  姫宮 翠(主催者)   △ ― △     +なない+


 よって、今回は2勝1引き分けで「奇数チーム」の勝利となりました。


○試合解説

 更新はまた後日…。