×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第157回(4月19日)


 先日、アニメ映画「劇場版銀魂」を観て来ました。
昨年くらいからアニメ映画をよく観に行くようになりましたが、
今年も映画館へ足を運ぶ機会が多くなりそうです。

 感想としては「完成度たけぇー」といったところです。
今回の「紅桜編」は、主催者が漫画の「銀魂」を好きになるきっかけになった
エピソードで、けっこう期待していたんですが期待通りの良い作品でした。
中でも対紅桜完全体戦は一番感動的でしたし、対天人戦は一番燃えました。
銀時と桂が天人の大群の中で無双している場面は、「暴れん坊将軍」や
「水戸黄門」といった時代劇の殺陣シーンを見ているようでした。
まあ、そんな興奮も最後の予告編で全て持っていかれるんですが…w
寧ろ予告編が最大の見所。新劇場版エヴァとは別の意味で。

 この漫画自体、ギャグとシリアスが絶妙に使い分けられていて、
主人公の設定年齢が高い事もあり、どっちかというと青年向けの話もあるので
大人も子供も楽しめる映画に仕上がっていると思います。
これも1700円の価値は十分にあり。2回目も機会があれば観たいな。

さあ、次は「文学少女」か…。



 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

             (奇数チーム)              (偶数チーム)

    1試合目  姫宮 翠(主催者)   × ―       うみみ
    2試合目     <浅葱>        ― △      PCF社長
    3試合目      AIN         × ―       りゅう


 よって、今回は2勝1引き分けで「偶数チーム」の勝利となりました。


○試合解説

 更新はまた後日…。