×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第191回(12月20日)


 今週はRO内でもクリスマスイベントやらで色々と忙しかったです。
しかし、今もっともHOTな話題と言えばROカンファレンスでの公式発表でしょう。
一応断っておきますと、主催者はカンファには参加しておりません。
掲示板や情報サイトで得られる情報のみでこの記事を書いています。

 この発表でガンホーがユーザーに伝えたかったことというのは
「ガンホーはROをより良い物にして行きたいし、ユーザーの意見も取り入れたい。
けれどグラビティの開発が言うことを聞いてくれないからどうしようもない。」
ということなんでしょうか…?

 こう書いてしまうと言い訳というか泣き言のように聞こえてしまいますね。
ついに本音を出してしまったというか。
以前、RO公式ブログでロッカさんが
 >もういっそのこと、運営チームと皆さんとでテーブルを囲んで、
 >「飲もう!とことん語り合おう!」
 >ぐらいのイキオイで、忘年会でもやった方がいいのでは!
 >などと、突拍子もないことを考えたり(笑)。
と書いていましたが、これをやりたかったんでしょうか。

 まあ確かに、いくら日本独自仕様を詠っていても根本の仕様が各国でバラバラだと
今後RWCとか出来なくなってしまいますし、限度があるんでしょうね。
それに国民性の問題もあるのかも知れません。
どこかの記事で「海外ではBOTを公式で認めているし、ユーザーも殆ど抵抗感
なく受け入れている国もある」という話を聞いたことがあります。
ここまで来ると、もうゲームに対する価値観が違いすぎてまとまる話もまとまらないかもですね。
開発とユーザーの板ばさみになっているガンホーにも少し同情します。

 しかし、裏を返せば「どんなにガンホーへ修正要望を送っても根本的な部分は変わらない(かもしれない)」
という最悪の印象をユーザー側へ与えてしまったのではないでしょうか。

よく「たかがゲームなんだから不満や愚痴を言うくらいなら止めろ」という意見を
見かけますが、これは見当違いです。
「ROを続けたいと思うから」不満や愚痴を言うのです
止めていく人は不満や愚痴なんて声を大にして言ったりしません。
不満や愚痴が出ているうちが花だと思いますよ、ガンホーさん。


 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

 総勢5名の参加者中、栄えある上位入賞者は…

     1位   浅葱さん
     2位   いもさん
     3位   グレイベルさん

 以上の3名になりました。