×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第245回(1月16日)


 今回は久しぶりに映画の話をしたいと思います。
観て来たのは「.hack セカイの向こうに」。
架空のオンラインゲームを舞台にした近未来のお話です。
これまでゲームを中心に様々にメディア展開されていて、
映画化もこれが2回目です。

 最初は絵柄がイマイチ好みに合わなかったのと、オリジナルストーリーっぽい
感じだったので、最初は観るかどうか迷っていたのですが
いつぞやのファミ通に載っていた「ゲームの新作は映画の後の時間軸のお話」
という記事を読み、それならば観ておかなければと思い立った次第。

 作品の内容をネタバレを極力無い方向で語ると…。
 お話としては、「.hack」としては定番かつ一般的にも無難な展開で
良かったと思います。
最近話題となった「絆」をネットでの繋がりで描くというのは、かの名作
「サマーウォーズ」にも通じるところがありますね。
ただ、物語のキーキャラである「アウラ」が何故あんなにも特別かつ重要な
存在であるのかは、過去の作品を知っていないと分かりづらいかも?

 あと、これは個人的な事なのですが、3D映画というのを初めて観たので
最初の方はあの感覚に慣れるのに苦労しました。
というか、3Dにする良さがいまひとつ分からないのだが…。

 この作品の時代設定は2024年となっていますが、リアルのオンラインゲームが
後10年ちょっとで作中のレベルになるのは正直無理なんじゃないかと思いますが
描かれているテーマの部分である「ネットの絆」自体は今のオンラインゲームでも
十分実感できる事だと思います。
このROでも、そういう素敵な事が沢山あるといいですね。

 シリーズが好きな人はもちろん、初見の人でも普通に面白い作品になってますし
「オンラインゲームのあるある」的なシーンも多々ありますので
色々な意味で「分かりやすい作品」にはなっていると思います。
1800円を払って観る価値は十分にあるかと。
ただ、3D上映分の追加料金はどうかというと…これは個人差がある所でしょうか。

 今年は夏に「劇場版なのは2作目」があり、秋にはあの「エヴァ:Q」が控えており
「まどか☆マギカ」も劇場版製作決定しているなど、映画館へ足を運ぶ機会が
増える1年になりそうです。



 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

 総勢6名の参加者中、栄えある上位入賞者は…

     1位   PCF社長さん
     2位   グレイベルさん
     3位   P・メアリーさん

 以上の3名になりました。