×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へジャンプ

第277回(9月3日)

 今回も見てきた映画の事を書こうと思います。
ただ、主催者にしては珍しくアニメ映画じゃありませんよ?
「実写版 るろうに剣心」です。…まあ似たようなもんですね、はい。

 主催者にとってのジャンプは、「るろ剣」や「マンキン」「封神演義」なんかが
どストライクの時代でして、コミックスも全巻集めたりして夢中になっていたものです。

 それが今回実写映画化ということで、期待と不安が入り混じりつつも
時間も作れたのでレイトショーで観てきました。

 率直な感想から言うと「まあこんなものかな?」という所です。
殺陣シーンは迫力がありましたし、(佐ノ助の戦いを除いて)カッコ良かったです。
「剣心体術だけでもツエー」だとか「斎藤さん牙突1回しかつかわねー」とかは
些細な事なんです。

 役者さんも剣心はイメージに合っているというか、雰囲気出てたと思います。
薫役は…ちょっとイマイチだったかな^^;

 お話も序盤を上手くまとめていたというか、蒼紫が出てこないならラスボスは
刀衛になるのは当然の流れだったでしょうか。
何だかんだで刀衛との対決は「不殺を貫く」という主義において重要な要素が
詰まっていますしね。
 ただ、刀衛の自己催眠強化の後に「どんな術でも使いたければ好きなだけ使え。
ただし俺が殺すと言った以上、お前の死は絶対だ」の名台詞が無かったのは
残念でした。

 あと、頬の十字傷についての回想を入れてくるとは予想外でした。
しかも一太刀目のみで巴はほぼスルーって…劇場2作目を作るつもりなの?

 取りあえずアクション映画やチャンバラ物が好きなら観て損は無いと思います。
原作未見でも全く問題ないというか、逆にその方が先入観なく楽しめそう?
レイトショーで1000円で観ましたが、その価値は十分にあったかと思います。

 ところで、今のガンダムのキオ君といいSEEDのキラ君といい、不殺キャラって
定期的に流行るものなんでしょうか?



 さて、今回の試合結果は以下の通りです。

 総勢7名の参加者中、栄えある上位入賞者は…

     1位   PCF社長さん
     2位   Milfinaさん
     3位   イズミさん

 以上の3名になりました。